s11シングルレート2000達成構築トドンムドーサイクル


f:id:karashitodon:20180826234125j:image

f:id:karashitodon:20180903183534j:image

みなさんこんにちはとうがらしという者です。今回はs11にて最高レート2014を達成したトリトドン軸ptを紹介することでトリトドン使いを増やす(自己顕示欲を満たす)という目的でこの記事を書かせて頂きます。興味があるとこだけでも見ていって下さい!!それでは早速個別紹介です!

トリトドン@突撃チョッキ

性格:控えめ

努力値:H244 B44 C140 D76 S4

実数値:H217 A× B94 C143 D112 S60

技構成:†地割れ† 大地の力 冷B ミラーコート

構築の要そして相棒。最強、とにかく最強。

(なぜか)あと投げしてくるレヒレに地割れ→ミラコという動きをとっていた

主に初手で投げてコケコやゲッコウガ、ゲンガーに対して出し勝てるように立ち回った。

相手ptにテテフがいてかつ後述するフェローチェがどうしても出せない時に、初手でテテフと対面させてミラコで処理をしていた。

最高レートを更新した時の試合で相手のラッキーに地割れを一発で当てて降参をもらったという伝説がある。やっぱりお前がいなきゃ勝てねぇよ...s12もよろしく!トリトドン

調整先

冷凍ビームで無振りガブリアスが丁度確1

大地の力で無振りメガバシャーモが乱数1(68.8%)

控えめテテフのサイキネzフィールド込みで確定耐え

顎の悪巧み流星群確定耐え(zは無理)

A特化メガバシャーモの膝確定耐え

 

エアームド@ゴツゴツメット

性格:腕白

努力値:H244 B252 S12

実数値:H171 A100 B211 C× D90 S92

技構成:ドリルくちばし 羽休め 吹き飛ばし ステルスロック

ただのHBぶっぱ。メガガルーラのグロ炎パンを耐えるのであと投げから1、1交換が出来る。トリトドンを起点にしてくる物理ポケモンにあと投げ出来るので強い。

ドリルくちばしは挑発ギャラドスに起点にされないように採用した。トリトドンと相性補完が優れているのでトドンムドーという並びに落ち着いた。

テッカグヤじゃこの枠は補えない。テッカグヤじゃこの枠は補えない。大事なことなので(ry

ウルガモス@バンジの実

性格:臆病

努力値:H244 B132 C4 D4 S124

実数値:H191 A× B102 C156 D126 S149

技構成:炎の舞 鬼火 羽休め 蝶の舞

sは準速ミミッキュ抜きhは16n-1 どっかの調整をパクったもので、めちゃくちゃ強かったです。19チャレでメガゲンガーのヘド爆+ステロを耐えた時は引いた。後述するフェローチェが臆病テテフに倒されたときに無理やり舞うというプレイングをとっていたのでもう少しDに降ってもいいかもしれない。

この調整だとほぼ耐えない。余談だが、このA0色ガモスを産むのに1ヶ月かかった()。そのおかげもあってか炎の舞でCを上げる確率が90%くらいだった。なお炎の体で焼いたことはほとんどない模様。

ボーマンダ@メガ石

性格:意地っ張り

努力値:H132 A116 B4 D20 S236

実数値メガ前 H187 A187 B101 C× D103 S150

            メガ後 H187 A198 B151 C× D113 S170

技構成:捨て身タックル 地震 龍の舞 羽休め

pt唯一のメガ枠にして絶対的信用をおいているポケモントリトドンの次くらい)。恩返しの火力に不満を持っているので捨て身を採用。また、今の環境において地震の無いマンダは刺さりにくいと判断して地震を採用した。

調整先

S 最速ガブリアス抜き

1舞捨て身でH振りレヒレ確1

C特化レヒレのムンフォ確定耐え(最高97.3%)

ドヒドイデ@黒いヘドロ

性格:穏やか

努力値:H252 B116 D140

実数値:H157 A× B187 C73 D198 S55

枠構成:熱湯 自己再生 トーチカ 黒い霧

この調整も誰かのをパクったので詳しくは覚えてないですがリザYにあと投げが基本的には安定していた印象。トドンムドーと合わせて受けループ的なこともしていた。役割はリザとガルドが主な役割でリザxの場合はsをあげられないようにして、マンダで倒せるようにしていた。

19から図太いから穏やかに変えたのだが20チャレで穏やかのおかげで勝てたので変えて正解だと思った。トーチカについては黒いヘドロの回復量を増やしたかったのとマンダに毒を入れたかったのとz技を軽くしたかったため採用。毒や毒びしを採用する意味はないと判断したし、欲しいと思ったことも無かったので、トーチカで正解だったと思う。

フェローチェ@毒Z

性格:せっかち

努力値:A252 C4 S252

実数値:H146 A189 B51 C158 D57 S223

技構成:とんぼ返り 飛び膝蹴り 毒突き 冷B

今回の地雷枠。ptでテテフが死ぬほど重いのでいっそのこと初手で誘って倒してやろうと思った。で、産まれたのがこの型。スカーフテテフの上をとり毒zで倒すだけ。臆病テテフは知らない。1950あたりからはテテフをほとんどみなかったので格闘Zなどに変えた方がよかったかもしれない。

Bを下げた理由はゲッコウガの手裏剣5発を耐えたかったから。Bを下げたせいで負けた試合も無かったし、そもそも先制技持ちのポケモンには比較的裏のあと投げが安定するのでB下げも間違いでは無かったと思う。HP偶数に関しては、膝を二回も壊すことは無いだろうと思ったし、膝を外すということはこの耐久において死を意味するので偶数でもいいと思ったがぶっちゃけどっちでもいいと思う。

選出パターン

αトドンムドー@1

構築の軸。フェローチェが通ってないと判断した時に出すことが多い。@1にドヒデを入れたときは完全サイクル勝負を仕掛け、ガモスかマンダのときは、トドンムドーで相手を削りつつエースの圏内にいれるという動きをとっていた。特に釣りだしは必要ないと思うが草結びコケコにトドンが1回しか受けだし出来ないので注意が必要。

βフェローチェ マンダ@1

相手のptにフェローチェが通っていれば基本的にはこの選出。@1にはドヒデかムドーを採用することが多くフェローチェから蜻蛉で繋いで起点を回避しつつマンダに繋ぐという動きが多かった

γウルガ マンダ フェローチェ

ゴーリやビビヨン相手にはこの選出を していた催眠対策を全くしていないので上から対応する必要があった。

使用感

このptの強みは、選出を上手く出来れば安定行動でほとんどの試合に勝てること。実際僕はこのptで釣りだししたのは初手にこなかったテテフを釣るときくらいだった。pt全体としてミミッキュに対する回答が多く存在し、3すくみをしているリザマンダグロスに対しても受けだしが成立するように出来ているのでかなり自分に合ってるptだと感じた。

重いポケモン

ギルガルド:安定してあと投げ出来るのがドヒデしかいないのに加え、ドヒデもDダウン込みで安定はしていない。また、フェローチェが完封されてしまうため選出出来なくなるのも辛い。

サンダー:こいつを見たら降参したくなるレベルで重い。羽休めに合わせてトドンで地割れを打つか冷Bで凍らせるかガモスで舞って倒すしか突破方法がないのでガモス受けが裏にいたらほぼ降参。当たらないことを願う。

カプ・テテフ:やっぱり重い。ほぼ初手で出してくれたのはよかったが臆病だとフェローチェが貫通されて負けるし襷でもフェローチェが倒されるのでおいしくはない。ただ控えめスカーフテテフをフェローチェで処理できた試合はイージーウィンできたことが多かったのである意味賭けである。

クレセリアラティアス:地割れが入らずトリトドンが起点にされてしまうのでかなり辛いラティオスは瞑想型とスカーフ型両方あるので余計に辛い。

最後に

ここまで読んでくれた方ありがとうございました。今回初記事なので至らない点は多々あったと思いますので感想等くれたら嬉しいです!

それと2000を達成した時のツイートにリプをくれた方々にトリトドン最強!と反強制的に言わせてしまったことをここにお詫びします。出来心だったんです許してくだ(殴     

またこの記事を読んでトリトドンを育成してみたいと思った方のためにカラナクシの孵化余りを用意してあります!!FF外の方でもリプなどを飛ばしてもらえば渡しますので、気軽に声をかけて下さい!!

それとQRパーティーも用意してあるのでよかったら一度使って見てください!(多分使いにくい)https://3ds-sp.pokemon-gl.com/rentalteam/usum/BT-2F58-4217